性病対策してますか?安全な風俗体験

そうでしたっけ?

投稿日:2016年1月8日

彼女の身体があまりにもエロく、シャワーを浴びている時点ですでに勃起していた。そんなおちん○んを見て彼女は「どうしますか?」と尋ねてきた。ベッドまで堪えたかったが、勃起したおちん○んに彼女の手が触れた時点で決まった。手でシゴいてしゃぶってくれ、とお願いした。すると、彼女は「はい」とにっこり承諾。おちん○んを握り締めてシゴき始める。そして口の中に押し込みしゃぶり出す。温かい彼女の口内の体温と、ぬるぬるとした唾液と舌のざらつきで凄まじい快感。彼女のフェ○テクに、足がガクガクと震えていた。じゅるじゅると丁寧に舐めて、口から出すとまた手のシゴきが開始される。手とフェ○の波状攻撃、最後は同時にやられて我慢できずに彼女の口の中へ大量に出してしまった。確かここのデリヘル店は口内射精ってオプションじゃなかったっけ、と彼女に尋ねると、「そうでしたっけ?」と言いながらごくんと一飲み。この後ここでは書けないようなめちゃめちゃエッチなことをした。

こういうタイプが好き

玄関を開けると、そこには可愛らしい笑顔を浮かべて立つ女の子がいた。そして「よろしくお願いします!」と一言挨拶をした。デリヘルでは珍しく、写真に負けない可愛い子の登場だ。顔立ちに加え、愛嬌もあるところが良かった。彼女を部屋の中へ招き入れて、座って談笑から入った。すると彼女はいきなり自分の膝上に乗ってきた。お尻で股間部分を刺激するようにぐいぐい食い込ませてくる。「こういうのイヤですか?」と言われたので、そのまま彼女を抱きしめてキスをした。目を見開く彼女の顔がよく見えた。そのままキスをしていると、彼女もエンジンが掛かって来たようであっちから舌を絡ませてくる。熱烈なディープキスをしながら彼女の服を脱がす。可愛らしいピンク色の下着に包まれた小ぶりなおっぱいが出現。ブラの上から触れて、捲るとおっぱいがぷるんと揺れながら出てきた。今度はぴくんと勃った乳首に吸い付き、おっぱいを揉む。彼女の口からか淫らな吐息が漏れ、抱きつき彼女の腕にも力が入っていた。のっけからとてもノリの良い子で、プレイも十分に楽しむ事ができた。